小学生の矯正

小学生の矯正治療

混合歯列期

6歳から12歳ぐらいまでを乳歯と永久歯の入れ替わり時期として混合歯列期と言います。この時期は矯正治療の中でも1期治療という呼び方をします。

成長の段階にあった治療方法を

小学生の場合、ワイヤーを使った矯正は当院では基本的にはいたしません。
成長と発育を考慮した装置の選択と治療方法で進めていきます。
骨格の成長が活発な時期であり、当然顎の骨の成長も著しい時です。顎の形・歯並び・食事の仕方や、永久歯が生えるスペースの確保などを目指し治療をおこなって行きます。

無料矯正相談はこちら

 

Copyright ©  子どもの矯正 さゆみんキッズ All Rights Reserved.
PAGE TOP