歯並びの種類

出っ歯

出っ歯は、上の前歯が下の前歯よりも極端に出っ張っている歯並びのこと。上顎前突という言い方をします。前歯数本だけの場合と、歯列全体が出ている場合があります。上の前歯が傾いていることなどにより唇を閉じにくいため、お口の中が乾燥しやすくなる点などが問題です。

出っ歯の原因

上顎前突は、下顎に比べて上顎が発達している、また逆に上顎に比べて下顎の発達が遅れているなどといったことから起こります。生まれつきの骨格が原因になるほか、「指しゃぶり」「鼻づまりによる口呼吸」などといった癖や生活習慣なども影響しているといわれています。

出っ歯を放置するリスク

しっかり噛みくだけない食事を楽しめないどころか、丸飲みすることになるため消化器系に負担をかけることも
ケガをしやすい
ケガをしやすいが出ているので、転倒時などに上の歯を折りやすくなってしまう
虫歯・歯周病を招きやすい唇が閉じづらくなることで口腔内が乾燥しやすくなる。すると、細菌が繁殖しやすくなり、虫歯や歯周病になりやすい口腔内環境に。結果として、身体的負担も大きくのしかかる可能性がある

顎に梅干し?

上顎前突の状態だと、唇を自然に閉じにくくなるので無理に唇を閉じようとします。すると、顎に力が入り、口唇の周囲の筋肉(表情筋)が緊張しやすくなります。結果、口輪筋の緊張により顎に梅干しのようなシワができてしまうのです。ちょっと気になりますよね?

治療で上顎前突を改善するとともに、すっきりとした顎のラインを手に入れましょう。